憧れの二重を手に入れる方法|埋没法ですぐに効果を実感

手術前に知っておくこと

ドクター

二重まぶたを形成する美容整形手術には、全切開法、クイック切開法、埋没法などがあります。それぞれの手術によって、手術の方法や適している目元などが異なります。しっかり特徴を理解してから手術に臨むことが大切です。

もっと見る

埋没法と切開法の特徴

鏡を見る婦人

自分がなりたい二重まぶたになれるのが二重の美容整形です。奥二重や腫れぼったいまぶたを改善して、華やかでぱっちりした目元にすることができます。埋没法ならメスを入れないのでリスクが少なく、料金もお手頃です。

もっと見る

まぶたを改善する治療

笑顔の女性

二重整形は目のコンプレックスを改善するためには効果的な方法です。プチ整形とも呼ばれる埋没法、脂肪を取り除ける部分切開法、半永久的に効果の続く全切開などの方法がありますが、リスクもあるため注意が必要です。

もっと見る

埋没法で二重に

2人の医者

埋没法で二重になる方法は、メスを使用しないこともあり人気があります。また、短時間かつお金がかからない点も魅力です。施術結果に納得がいかない方は、修正してもらうことができが、どちらにせよ施術前のカウンセリングはしっかり受けるようにしましょう。

もっと見る

手軽に行える埋没法

鏡を見る人

二重の整形手術には色んな方法がありますが、埋没法は若い女性に人気がある、糸を埋め込むだけの簡単な施術です。ですが、術後はダウンタイムと呼ばれる、目元が腫れる期間があります。施術をする前には、必ずカウンセリングを行い、気になる事は納得するまで質問をするようにしましょう。

もっと見る

理想の目元を手に入れる

目を閉じる女性

目元の印象と施術方法

一重か二重かで人間の印象は大きく変わります。人によっては一重だと眠そうだったりキツく見える事もあり、それがコンプレックスという方もいるでしょう。今では二重整形は最も人気のある整形手術といっても過言ではありません。その人気の理由は二重になりたいというだけではなく、成功率の高さも人気の理由の1つでしょう。人気の二重手術といえば埋没法が上がります。埋没法はメスを使わず、糸を使って二重にする整形です。施術時間は15分程でダウンタイムが短く、すぐに整形の効果を実感できるのが特徴です。さらにメスを使わないため抜糸をし修正し直すことも可能です。もうひとつ有名な二重整形は切開法でしょう。切開法は埋没法とは違い、メスで目元を切開して二重にする整形です。特徴としては二重が取れにくく、ハーフのような幅広二重を作れることです。埋没法をしたいけど、まぶたが埋没法に向いていない場合もあります。その逆も然りです。なので埋没法か切開法かは主治医としっかり話し合いをして決める事が大切です。

埋没法と切開法の注意点

埋没法は施術時間も短く、すぐに効果を実感することができます。逆に切開法は理想の二重になるまで3ヶ月近くかかってしまいます。しかし埋没法は糸が取れて一重に戻るということがあるのです。それはメスを使わず、糸を使う整形だからこそ起こってしまいます。しかし埋没法は比較的簡単に修正することができます。もし理想の二重になれなかった場合は2ヶ月以内に再手術を行うのがベストです。2ヶ月以内に再手術を行うと二重の癖がついていないため、新たな二重を作りやすいからです。逆に切開法は理想のまぶたになれなかった時、最悪の場合修正ができないということがあります。ただし切開法したから修正ができないわけではありません。あまりに二重の幅を広くしすぎると切開する皮膚がなくなり、再手術ができなくなる可能性があるのです。なのであまり欲張り過ぎず、自分の目に合った幅を病院の先生と一緒に話し合いましょう。どちらの手術もメリット・デメリットが存在します。しかし二重整形は決し危険な手術ではありません。