憧れの二重を手に入れる方法|埋没法ですぐに効果を実感

手術前に知っておくこと

ドクター

手術の種類とその特徴

一重を二重にする美容整形手術には、切開して行う切開法と、切開しないプチ整形の埋没法があります。切開法は全切開法とクイック切開法に分けることができます。全切開法は、まぶたにメスで切れ目を入れて、縫合して二重まぶたを作る美容整形です。くっきりした外人のような平行幅広の二重まぶたを作ることができて、半永久的に効果が持続します。クイック切開法は部分切開法とも言われています。クイック切開法は、全切開法よりもメスで切る範囲が小さくなります。数ミリ切開してまぶたの中の余分な脂肪を取り除いた上で、糸を使用して二重のラインを形成します。埋没法は切開法とは違い、メスを使用しない簡単なプチ整形です。医療用の細い糸を駆使して、まぶたの筋肉を二重になるように固定します。15分くらいの手術時間で、抜糸は不要です。手術のリスクが限りなく少なく、糸で止めるだけなので、戻そうと思えば元に戻すことができます。簡単にできて手術の料金も安いことから、非常に人気のある美容整形です。

ダウンタイム

どんな二重まぶたの美容整形であってもダウンタイムがあります。手術をする際には、どのぐらいのダウンタイムがあるかや、手術後の過ごし方、手術のリスクについてしっかり理解しておくことが大切です。まぶたの腫れについては個人差があります。手術をするときにまぶたに力を入れると腫れやすいと言われています。それを避けるために、なるべくリラックスして手術に臨むことが大切です。また、手術をした後の過ごし方も重要です。プチ整形の埋没法の場合でも、手術をした当日は入浴や半身浴、サウナなどの血行が良くなる行為は控えることをお勧めします。寝るときは枕を高くして、頭を心臓より高くすると腫れがひきやすくなると言われています。まぶたを無意識に強くこすってしまう癖がある人は注意が必要です。埋没法だと糸が取れてしまう場合があります。アイメイクをクレンジングでオフする時も、ゴシゴシ擦るのは厳禁です。まぶたへの負担を減らすために、1か月くらいは濃いアイメイクを控えるのがお勧めです。