憧れの二重を手に入れる方法|埋没法ですぐに効果を実感

まぶたを改善する治療

笑顔の女性

特徴と方法

一重まぶたでコンプレックスになっているという人もいます。そんなときにおすすめなのが二重整形です。プチ整形といわれる簡単な方法で行なえる施術が人気となっています。二重にすることによって目を大きく見せることができるようになり、目が大きいことによって明るい印象となるとされています。しかし、まぶたの状態によってはプチ整形だけでは対処できないこともあり、それぞれ特徴があります。いわゆるプチ整形といわれる手術は、埋没法と呼ばれる手術です。まぶたの皮膚の下に医療用の糸を埋没させて二重を作っていきます。埋没させる糸は、1点留め、2点留め、3点留め、4点留め、6点留めと選ぶことができます。まぶたの脂肪が多いという場合には、部分切開をすることもあります。部分切開をして余計な脂肪などを取り除いて二重ラインを形成して糸で留めていく方法です。全切開は二重ラインに沿って皮膚をメスで切除して、余分な脂肪を除去して縫合する方法です。脂肪を除去することで腫れぼったい目なども改善することができ、半永久的に効果が続きます。

二重整形の方法は、それぞれにメリットがありますが、注意したい点もあり、行なう場合には注意するべき点を考えてから行なうことが大切です。埋没法は簡単に行なうことができるというメリットがありますが、数年後には高確率で効果がなくなるということを理解する必要があります。また、二重のラインが狭くなったり、埋没させた糸が透けて見えるケースも考えられます。部分切開法は、一重に戻ることはありませんが加齢することによってラインが下がり、ラインの幅が狭くなります。脂肪が多い場合には、脂肪を除去することで凹んでしまうこともあるとされています。全切開の注意したい点としてはダウンタイムが長くかかることが挙げられます。縫合技術がない医師の元で行なうとラインが歪んでしまうというリスクもあります。目のコンプレックスを改善するためには、効果的な整形ともいえますがリスクが全くないわけではなく、リスクのこともきちんと理解してから施術を受けることが大切です。また、失敗などを防ぐためには技術力の高い医師を探すことも重要です。