憧れの二重を手に入れる方法|埋没法ですぐに効果を実感

埋没法と切開法の特徴

鏡を見る婦人

希望の目元になる

生まれつきの一重まぶたでも、美容整形手術をすれば二重まぶたにすることが出来ます。美容整形なら、自分の希望するラインや幅の二重まぶたを作れます。奥二重をくっきりした二重にしたり、末広型の二重を平行型にしたりと、理想の二重にできるのが美容整形の特徴です。埋没法は糸を埋め込むタイプの二重の整形手術です。髪の毛よりも細い糸をまぶたに入れて二重を作る美容整形で、メスを使わないので簡単に出来ます。埋没法にも一点止めや二点止めなどがあります。一点止めは末広型の二重にしたい人や、もともと二重だけどもっと幅を広くしたい人に向いています。一点止めはもっとも簡単な二重の手術で、料金も1万円程度とお手頃です。幅広の平行型二重にしたい場合は、一点止めよりも二点止めや三点止めのほうが効果的です。複数個所で固定したほうが自然なカーブになり、くっきりした二重まぶたになれます。また、沢山の箇所を結んでおけば、万が一一か所が取れたとしてももとの一重まぶたに戻りにくくなります。

手術の特徴を知っておく

二重まぶたの手術には沢山の種類があるので、手術の特徴を知っておくことが大切です。埋没法の場合は一番低リスクで料金も格安です。料金は一点止めなら両目で2万円程度、二点止め以上なら両目で5万円〜10万円程度です。カウンセリングをした当日に手術を希望する場合は、手術に備えてお金、サングラス、帽子、コンタクトレンズ入れなどを持参していくことをお勧めします。手術をしたあとまぶたの腫れがすっかり落ち着くまでに一ヵ月程度かかります。切開を伴う二重の手術は、埋没法よりも本格的な美容整形になります。まぶたにメスを入れて行うので、リスクが伴います。もしも手術の結果が気に入らないと思っても、元に戻すことは不可能です。そのため、入念にカウンセリングをして、腕のいい医師がいるクリニックで手術を受けることが大切です。切開法の料金は20万円〜30万円ほどが相場です。手術をしてから約7日後に抜糸があります。腫れが落ち着くまでは、なるべくまぶたを擦らないように注意をする必要があります。